メッセージをプラスする!婚約指輪と結婚指輪の刻印サービスが人気なワケ

メンズネイリストを目指す
自分に合ったネイル学習の環境を作るために知っておきたいこと
男性ネイリストとして働くために知っておくこと

結婚指輪にメッセージを刻印する

より二人だけの特別な結婚指輪にしたい時はメッセージを刻印してみましょう。秘密のメッセージを刻むことで絆がより強まるはずです。

指輪に刻印を入れるのが人気です

ハートの影

ずっと大切に身につけていきたい結婚指輪には、二人だけの特別なメッセージを刻印することが人気です。二人でじっくり考えて選んだ結婚指輪をさらに特別なものにするためにも、メッセージの刻印はおすすめです。二人だけが知る秘密のメッセージを選んでもステキですね。ちなみに最近では89%ものカップルが結婚指輪に刻印を入れているというデータがあります。それにジュエリーショップでも刻印を無料サービスとして行っていることが多く気軽に依頼ができることも、結婚指輪に刻印をいれるカップルが増えている理由ともいえるでしょう。

刻印を入れる際の注意点

刻印を結婚指輪へ入れるサービスを無料で行っているブランドショップは多いですが、ショップごとに可能な刻印の内容は少しずつ違っています。家族や知人が依頼したブランドショップでできたメッセージの刻印が、自分たちの選んだショップでは有料になる可能性もあるでしょう。また、結婚指輪に使用する素材によっても刻印の内容を制限されることがあります。文字数オーバーにならないためにも、あらかじめ刻印可能な文字数を聞いておいてから内容を考えましょう。

どのようなメッセージを刻印している?

多くは名前や記念日などです
結婚指輪や婚約指輪に入れる刻印の多くは、お互いの名前や記念日が選ばれています。名前も文字数制限の関係でイニシャルを選ぶカップルも多く、「A to B」や「A&B」のような書き方がされるのです。記念日の場合は、結婚式の日や入籍の日、またはプロポーズの日や出会った日など、二人だけの大切な日にちを刻みます。婚約指輪も贈る場合は、そちらに挙式予定日をいれて結婚指輪には入籍日を入れるという刻み方もあるのです。二人にとっていつまでも大切に覚えておきたい日にちを指輪に刻んでおけば、うっかりしてしまうこともないはずです。
ラテン語で愛を刻印するのも人気です
他とは違う、二人だけのオリジナリティの高い指輪にしたい時には「ラテン語」を使ってみてはいかがでしょうか。ラテン語とは、古代ローマ帝国の公用語で欧州全体に広まったと言われる言語ですが、ローマ帝国の終焉と共に滅びたと言われている言葉です。最古の言語とも言われるラテン語で現在は日常的に使われることもなくなった幻の言葉を、二人の絆を表現するために使ってみましょう。素敵な言葉がたくさんあるラテン語なので、普段は照れくさくてなかなかパートナーに伝えることのできない言葉も、二人だけの指輪にする刻印でなら表現できるはずです。

実際に刻印した人の体験談

ラテン語のメッセージで彼の愛情を感じ取れました(40代主婦)

主人にお願いして刻印するメッセージを考えてもらっていたのですが、「ともに生きよう」というメッセージを提案してくれました。これから先もずっと一緒にという愛情を感じさせてくれるメッセージでうれしく思いました。しかもラテン語で刻印しようとの提案にさらに特別な感じを受け、二人だけの大切な指輪に喜びが高まりました。

妻に励まされた時の言葉を刻印しています(50代男性)

結婚して妻と長い時間一緒に過ごしてきましたが、仕事で悩んでいた時に妻がかけてくれた一言が今でも励みになっています。その言葉がなかったら仕事もうまくいっていなかったかもしれませんね。妻の日頃のサポートにはとても感謝しています。そこで、励みになった言葉を新しくする結婚指輪に刻むことにしました。何という言葉かは内緒です(笑)。その言葉は二人だけで大切にしていきますね。

ベタに記念日や入籍日を刻印しましたがコレが助かるんです(50代男性)

最初の結婚指輪には何も刻んでいませんでしたが、買い替えの時刻印ができるとのことだったので、結婚記念日を入れることにしました。何十年もたつと記念日を忘れてしまうことが何度かあり、妻には怒られていました。しかし、指輪に記念日を刻印したことで、忘れても確認することができ、とっても助かっています。おかげでそれから結婚記念日には妻にプレゼントするようになったので、株をあげられたかもしれません。

指輪を長く着用するために

長く大切に身につけていきたい婚約指輪や結婚指輪ですが、時間の経過と共に傷ついたり汚れたりしてしまいます。そんな時には、適切なお手入れをすること、初めから傷や汚れに強い素材で指輪を作ることなどを意識しましょう。

結婚指輪は時間の経過につれて汚れていきます

二人の大切な結婚指輪なので、毎日身につけているという人も多いのではないでしょうか。でも肌につけている指輪なので、時間の経過と共に汚れていってしまうものです。結婚指輪を購入した時と比べて次第に輝きが弱くなってきたと感じる時がいずれくるでしょう。しかし、正しくお手入れすればまた素敵な輝きを取り戻すことはでき、また毎日の取扱いの仕方によっても美しさを長持ちさせることもできるのです。しかし、結婚指輪のお手入れを怠って放置してしまうと悲しいことにさびてしまう恐れもあります。大切な記念の指輪だからこそ定期的にメンテナンスしていきたいですね。

プラチナのお手入れ方法は簡単です

結婚指輪の素材がプラチナの場合は自宅にあるもので簡単にお手入れすることができます。そのために必要なものは食器用洗剤・ぬるま湯・やわらかめの歯ブラシです。最初に小さ目の容器へぬるま湯を入れ適量の食器用洗剤をたらしてよく混ぜましょう。そして軽くかき混ぜて泡だったらそこへ指輪を入れます。しばらく浸しておくと汚れが浮き上がってくるので、歯ブラシで優しくこすり落として洗剤を優しく洗い流すだけです。軽い汚れや日頃のお手入れとしてはこの方法で大丈夫です。ただし、素材が金などの場合傷つく恐れがあるので、ジュエリーショップで洗浄してもらうようにしましょう。  

TOPボタン